赤湯温泉: 市神社

  山形県:歴史・観光・見所赤湯温泉:歴史・観光・見所>市神社

概要・歴史・観光・見所
市神社(南陽市・赤湯温泉)概要: 市神社の創建は昭和7年(1932)、当時の赤湯町の商工業者が西宮神社(兵庫県西宮市:恵比寿神を祀る神社の本社とされます。)の分霊(恵比寿神)が始まりとされます。昭和11年(1936)に改めて社殿を建立し特に商売繁盛、家内安全に御利益がある市神として信仰されました。創建時から周辺では市が開かれるようになり現在でも赤湯温泉土曜夜市として引き継がれています。現在の社殿は昭和62年(1982)に再建されたもので切妻、銅板葺、平入、向拝付き。

市神社:写真

市神社
[ 付近地図: 山形県南陽市 ]・[ 赤湯温泉:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

赤湯温泉:周辺・見所
若松観音堂 東正寺
深山・赤湯稲荷神社 龍神水
笹原の井戸 御殿湯
永仁二年磨崖板碑 康寿橋
市神社 輪廻の桜
烏帽子山八幡宮 赤湯温泉:温泉街

山形県の温泉街
銀山温泉 湯野浜温泉
赤湯温泉 白布温泉
瀬見温泉 湯田川温泉
蔵王温泉 温海温泉
赤倉温泉 山形県の温泉街


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。