赤湯温泉: 若松観音堂

  山形県:歴史・観光・見所赤湯温泉:歴史・観光・見所>若松観音堂

概要・歴史・観光・見所
若松観音堂(南陽市・赤湯温泉)概要: 置賜三十三観音霊場第十二番札所。御詠歌は「 みなかみは いづくなるらん わかまつと きけばこころも さかりなるらん 」。創建は不詳ですが伝承によると延元元年(1338年)、当時の村長だった石岡丹波が道叟禅師を招いて開山したのが始まりと伝えられています。本尊である聖観世音菩薩は慈覚大師が自ら彫り込んだもので当初は若松山(福島県会津若松市)に安置されていましたが江戸時代中期の元禄年間(1688〜1704年)に佐藤佐久兵衛(川西町の地主)が拝受し明治時代に入りその子孫が東正寺に収めました。現在の御堂は昭和6年(1931)に建立されたもので入母屋、銅板葺、平入、正面屋根には千鳥破風、正面には唐破風付き3間向拝付、桁行3間、梁間2間。境内には森の観音堂(六角堂)や数多くの石碑が建立されています。

若松観音堂:写真

若松観音堂
[ 付近地図: 山形県南陽市 ]・[ 赤湯温泉:歴史・観光・見所 ]
若松観音堂 若松観音堂 若松観音堂 若松観音堂
若松観音堂 若松観音堂 若松観音堂 若松観音堂

スポンサーサイト

赤湯温泉:周辺・見所
若松観音堂 東正寺
深山・赤湯稲荷神社 龍神水
笹原の井戸 御殿湯
永仁二年磨崖板碑 康寿橋
市神社 輪廻の桜
烏帽子山八幡宮 赤湯温泉:温泉街

山形県の温泉街
銀山温泉 湯野浜温泉
赤湯温泉 白布温泉
瀬見温泉 湯田川温泉
蔵王温泉 温海温泉
赤倉温泉 山形県の温泉街


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。