長井市: 森観音(遍照寺)

  山形県:歴史・観光・見所長井市:歴史・観光・見所>森観音(遍照寺)

概要・歴史・観光・見所
森観音(遍照寺)概要: 森観音の創建は不詳ですが村人が偶々光る物体を発見すると、観音菩薩の化身と悟り9尺4面の御堂を造営し祀るようになったと伝えられています。その後は村の鎮守と共に祭られ神主である古口勘兵衛が祭祀を司ってきましたが享保3年(1718)に観音像は真光寺に移され別当寺院となっています。明治時代初期に真光寺が廃寺になると遍照寺が別当となり管理されてます。現在の観音堂は享保はじめに火災で焼失後の享保7年(1722)に再建されたもので宝形造、鉄板葺、正面空破風、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、素木板張り。境内にある小さな池にいる螺の尻は通常より短いとされ、伝承によると火事の際、本尊を守る為に体を張って張り付き身代わりとなり、尻に火が着き燃え尽きたと伝えられています。境内には数多くの石碑や石仏などが建立され札所の雰囲気が感じられます。置賜三十三観音霊場第32番札所(札所本尊:千手観世音菩薩・御詠歌:ありがたや おしへにまかす このみこそ ねひくわんのんの ちかひなるらん)。宗派:真言宗。

森観音:写真

森観音(遍照寺)
[ 付近地図: 山形県長井市 ]・[ 長井市・歴史・観光・見所 ]
森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺)
森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺)
森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺) 森観音(遍照寺)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。