長井市: 遍照寺

  山形県:歴史・観光・見所長井市:歴史・観光・見所>遍照寺

概要・歴史・観光・見所
遍照寺(長井市)概要: 金剛山遍照寺は長井市を代表する古刹で、代々の領主から庇護され、近世では下長井郷の代官を務めた寺嶋家が、改修の際にも援助したと伝えられています。歴代米沢藩主上杉家も庇護し当地域に巡視に訪れた際は休息所として利用されました。案内板によると「金剛山遍照寺は、8世紀中頃に行基菩薩が開いたと伝えられている。文治の乱(1189年)の時、中尊寺の祥乗が戦乱をさけて遍照寺に入ったといい、「奥の高野」とも呼ばれた古刹である。永享年中(1429〜)、名僧宥日上人が盛りたて、中興開山といわれている。江戸時代に入ってからも、日瑜・宥諦・諦真・宥謙らが地域の発展に力を尽くし、明治初めには38の末寺をかかえる大寺院であり、現在も、置賜地方を代表する名刹である。 長井市教育委員会」 とあります。

境内に大銀杏は遍照寺中興の祖とされる宥日上人の手植と伝わる巨木で推定樹齢600年、樹高27m、根回り10.7m、枝張東西25m、南北24m、昭和48年(1973)に長井市指定天然記念物に指定されています。境内に隣接する普門坊馬頭観音堂の本尊である木造馬頭観世音菩薩立像は寛永6年(1709)に製作されたもので昭和62年(1987)に山形県指定有形文化財に指定され「宮の観音」として置賜三十三観音霊場第10番札所となっています。

遍照寺には寺宝が多く両界曼陀羅(2軸)、弘法大師御影(1軸)、真言七祖像(7軸)、宥日上人画像(1軸)、日上人筆三社号並託宣(1軸)が長井市指定有形文化財に、長沼牛翁の墓が長井市指定史跡に指定されています。又、山門(六脚冠木門)は明治8年(1847)に新町水上出身の宮大工堀越源次郎が棟梁として再建された古建築物で、境内には下長井郷の代官を務めた寺嶋家の墓碑があります。置賜三十三観音霊場第10番札所(札所本尊:馬頭観世音菩薩・御詠歌:夜もすがら 月を見上げて 拝むなり 沖の川瀬に 立つは白波)。山号:金剛山。宗派:真言宗豊山派。本尊:大日如来。

遍照寺:写真

遍照寺
[ 付近地図: 山形県長井市 ]・[ 長井市・歴史・観光・見所 ]
遍照寺 遍照寺 遍照寺 遍照寺
遍照寺 遍照寺 遍照寺 遍照寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。
[ 付近地図: 山形県長井市 ]・[ 長井市・歴史・観光・見所 ]
遍照寺・歴史・観光・見所
遍照寺(長井市)概要: 
住宅設計案内

 

 山形県長井市:町並み・歴史建築見所ナビ:
馬頭観音堂洞雲寺長井市立長井小学校旧羽前銀行長井支店玉林寺白山神社撞木橋遍照寺旧小池医院青苧蔵御門やませ蔵
旧桑島眼科医院(桑島記念館)共同薬品工業丸大扇屋十王堂総宮神社長遠寺旧西置賜郡役所芦沢観音(雲洞庵)九野本観音(観音寺)
五十川観音(正寿院)時庭観音(正法寺)森観音(遍照寺)
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県:歴史・観光・見所」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。