長井市: 長遠寺

  山形県:歴史・観光・見所長井市:歴史・観光・見所>長遠寺

概要・歴史・観光・見所
長遠寺(長井市)概要: 西光院妙理山長遠寺の創建は興国4年(1342)、長遠寺長任(長井時広の家臣大須賀長光の後裔)が出家して名を義昌に改め開いたのが始まりとされます。その後衰微しましたが慶長年間(1596〜1615年)に正遍が中興開山しています。古くから隣接する白山神社と神仏習合し、享保年間(1716〜1735年)には白山神社の参道に仁王門が建立され、明和2年(1765)には「油屋五左衛門」が世話人となり京都の仏師佐々木盈季が彫刻した仁王像が安置されています。明治時代初頭に発令された神仏分離令により白山神社と分離し大正3年(1914)には仁王像が現在地に移され仁王堂として整備されています。仁王像は別称で「黒仁王尊」とも呼ばれ黒漆塗りの仁王像としては日本三体の内の1体として信仰の対象となり特に足に関する事に御利益があるとして「わらじ」や「足型の石」が奉納され数多くの信者が参拝に訪れています。毎年11月8日には仁王様の「北年越し」が行われ、モチを振舞い、2千人近い参拝者でにぎあいます。宗派:真言宗豊山派。

長遠寺:写真

長遠寺
[ 付近地図: 山形県長井市 ]・[ 長井市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。