白鷹町: 高岡観音(相応院)

  山形県:歴史・観光・見所白鷹町:歴史・観光・見所>高岡観音(相応院)

概要・歴史・観光・見所
高岡観音(相応院)概要: 高岡観音は山形県西置賜郡白鷹町大字高岡に境内を構えています。別当寺院である朝日山相応院の創建は応永14年(1407)、当時の領主である鮎貝成宗(鮎貝城の城主、鮎貝氏初代)が開基となり道智上人を召還して開山したのが始まりとされます。観音堂の創建は慶長年間(1596〜1615年)高岡村の安部一族(現在の御朱印先)により設けられたのが始まりとされます。置賜三十三観音霊場第27番札所は当初、南陽市宮内池黒村にあった三堀寺に選定されていましたが、明治初頭に発令された神仏分離令で明治9年(1876)に羽黒神社に転じた際、当観音堂に移されました。

高岡観音堂は宝形造、銅板葺、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り、素木板張り、正面花頭窓付、向拝木鼻には象と獅子、欄間には龍の彫刻が施されてます。境内には三彭清浄碑(文政2年:1819年の銘、庚申信仰)や南無阿弥陀仏、湯殿山合体碑(鉄門、蓮海の名)、文殊塔、大宮子易碑、廿六夜塔、金華山碑、太神宮碑、古峯神社碑など数多くの石碑、石仏が建立されており信仰の篤さが感じられます。

本尊の十一面観世音立像は青銅製、金箔貼、像高約20cm、古くから秘仏とされ、毎年2月17日の大般若会では僧侶7人により600巻の経文が読み上げられます。置賜三十三観音霊場第27番札所(札所本尊:十一面観世音菩薩・御詠歌:ありがたや だいひのめぐみ ふかければ みいけのなみは しづかなりけり)。山号:朝日山。宗派:真言宗。本尊:大日如来(相応院)。

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板-白鷹町教育委員会
・ 現地案内板

高岡観音:写真

高岡観音(相応院)
[ 付近地図: 山形県白鷹町 ]・[ 白鷹町・歴史・観光・見所 ]
高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院)
高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院)
高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院) 高岡観音(相応院)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。