白鷹町: 高玉観音(円福寺)

  山形県:歴史・観光・見所白鷹町:歴史・観光・見所>高玉観音(円福寺)

概要・歴史・観光・見所
高玉観音(円福寺)概要: 高玉観音堂は山形県西置賜郡白鷹町高玉に境内を構えています。高玉観音堂の創建は不詳ですが、伝承によると延暦15年(796)坂上田村麻呂が東夷東征の凱旋の際、開かれたのが始まりとされます。これは本尊の銅造観音菩薩立像が7世紀末の白鳳時代に製作されたことに起因していますが、詳細は不明で伝承の域を出ません。明確なものとして永禄年間(1558〜1569年)に高玉城集落の守護神として創建されたのが始まりとされ、江戸時代中期に火災により焼失しまし、その後現在地に境内を移しています。現在の観音堂は天保12年(1841)に再建されたもので入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、梁間2間、正面1間向拝付、向拝木鼻には象と獅子、欄間には中国故事の彫刻が施されています。

観音堂脇の養蚕堂は、米沢藩領で養蚕を奨励し興隆に尽力した9代藩主上杉鷹山の功績を偲んで建立されたもので土蔵平屋建て、切妻、銅板葺、妻入、外壁は白漆喰仕上げ。高玉観音堂にある観音菩薩立像は案内板によると「像高29.5センチの観音菩薩立像は、7世紀末に造られた山形県最古の金銅仏の1つである。(麻木修平先生の鑑定)火災のためか右手先と顔面に損傷があるが、白鳳期の特徴が良く表れている貴重な仏像である。」とあります。

観音菩薩立像は山形県最古の金銅仏の1つで、東北地方で見ても数少ない作例として貴重な事から昭和62年(1987)に山形県指定有形文化財に指定されています。置賜三十三観音霊場第7番札所(札所本尊:聖観世音菩薩・御詠歌:みねにふく あらしはのりの しるべにて むじょうのゆめを さますなるらん)。 宗派:真言宗豊山派。本尊:大日如来(円福寺)。

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板-山形県教育委員会・白鷹町教育委員会
・ 現地案内板

高玉観音:写真

高玉観音(円福寺)
[ 付近地図: 山形県白鷹町 ]・[ 白鷹町・歴史・観光・見所 ]
高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺)
高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺)
高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺) 高玉観音(円福寺)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。