山寺立石寺: 本坊

  山形県:歴史・観光・見所山寺立石寺:歴史・観光・見所>本坊

概要・歴史・観光・見所
本坊(山寺立石寺)概要: 本坊は登山口から根本中堂から奥の院へと続く参道からは少し離れた所にあり山門手前から左側に入り抜苦門を潜るとあります。周囲には神楽岩や蛙岩などの巨岩や羅漢像が安置され山内の維持管理や宗教的な祭事や行事などを行う山寺立石寺の中心をなす建物です。建物は木造2階建て、寄棟、銅板葺、平入、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、玄関屋根は唐破風、その上部の大屋根を千鳥破風として正面性を強調しています。庭園は背後の山々を取り込んだ借景庭園。表門となる抜苦門(参拝者の全ての苦悩を抜けるとの理由から名付けられた。)は切妻、銅板葺、八脚単層門、三間三戸、正面唐破風、木鼻には獅子の彫刻などが施され格式が感じられます。

本坊:写真

本坊
[ 付近地図: 山形県山形市山寺 ]・[ 山形市・歴史・観光・見所 ]
山寺立石寺: 本坊 山寺立石寺: 本坊 山寺立石寺: 本坊 山寺立石寺: 本坊
山寺立石寺: 本坊 山寺立石寺: 本坊 山寺立石寺: 本坊 山寺立石寺: 本坊


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。