山寺立石寺: 三重小塔

  山形県:歴史・観光・見所山寺立石寺:歴史・観光・見所>三重小塔

概要・歴史・観光・見所
三重小塔(山寺立石寺)概要: 三重小塔は永正10年(1513)に製作が開始され三重塔永正16年(1519)に竣工された小塔です。製作者は山寺立石寺の支院である華蔵院の当時の住職静運が発願し十穀静充が製作しています。高さが8尺2寸(248センチ)と比較的小さい為、岩窟の中に全体が納まり隙間を埋めるように木壁と庇が付いています。屋根は宝形、こけら葺、外壁は弁柄色で彩られ木口や金物は金色となっています。各重の寸法は初重が桁行1尺5寸、梁間1尺5寸、軒高1尺8寸5分、2重が桁行1尺2寸5分、梁間1尺2寸5分、軒高3尺2寸5分、3重が桁行1尺、梁間1尺、軒高4尺5寸(文化財指定されている三重塔としては日本最小規模とされています)。主規模ながら室町時代に建てられた三重塔の遺構で意匠にも優れている事から昭和27年(1952)に国指定重要文化財に指定されています。内部には三重塔の本尊である大日如来像(旧本尊は釈迦如来像)が安置されています。

三重小塔:写真

三重塔
[ 付近地図: 山形県山形市山寺 ]・[ 山形市・歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。