米沢市: 昌伝庵

  山形県:歴史・観光・見所米沢市:歴史・観光・見所>昌伝庵

概要・歴史・観光・見所
昌伝庵(米沢市)概要: 奕葉山昌伝庵の創建は建武2年(1335)に三浦若狭守直盛が祖父三浦盛員と、父親三浦高盛の菩提寺を弔う為、会津(福島県会津若松市)に開基したとされ、寺号は盛員の戒名「正伝庵耕福月浦道圓」に因み正伝庵と称しました。永正2年(1505)に伊達尚宗(伊達家13代当主)が3男である伊達久松丸の菩提を弔う為に大芸寺5世喜山高悦を召還して中興開山し、永正5年(1508)に会津城の城下から米沢城の城下に境内を移し、寺号を久松丸の戒名「奕葉院殿昌伝久大禅定門」に因み奕葉山昌伝庵に改称しています。以来、伊達家から庇護され寺領を27石安堵され、天文8年(1539)に伊達稙宗(伊達家14世当主)の4男玄蕃丸を弔うと57石へと加増されます。天正19年(1591)豊臣秀吉の奥州仕置きにより伊達政宗が岩出山城(宮城県大崎市)に移封され、江戸時代に仙台城(宮城県仙台市)へ移りますが昌伝庵もいずれも随行し松音寺、泰心院、輪王寺とともに仙台藩四カ寺と称されました。一方当地でも法灯を守り現在に至っています。寺宝である木造大日如来座像(会津の正伝庵時代の本尊とされ、当時は真言宗の寺院だったと推測されています。)は延文5年(1360)に仏師、兵部法眼円慶、式部法橋宗祐によって彫刻されたもので像高78.5cm、割矧造り、玉眼、漆箔、製作年代、願主名、仏師などが明確で意匠にも優れている事から平成8年(1996)に山形県指定文化財に指定されています。宗派:曹洞宗。本尊:阿弥陀如来。

昌伝庵:写真

昌伝庵
[ 付近地図: 山形県米沢市 ]・[ 米沢市・歴史・観光・見所 ]
出羽善光寺 出羽善光寺 出羽善光寺 出羽善光寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。
昌伝庵 昌伝庵 昌伝庵 昌伝庵
住宅設計案内

 

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県:歴史・観光・見所」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。