米沢市: 法泉寺(庭園)

  山形県:歴史・観光・見所米沢市:歴史・観光・見所>法泉寺(庭園)

概要・歴史・観光・見所
法泉寺(米沢市)概要: 恵日山法泉寺は元和4年(1618)に上杉景勝が開基となり雲岩寺(福島県那須市)の住職である九山大和尚を召還して開山したのが始まりとされます。寺院の造営にあたっては上杉家執政の直江兼続があたり、その際、九山和尚と協力し米沢藩(藩庁・米沢城)の学問所である「禅林文庫」を境内に設けています。禅林文庫は藩校の前身となる施設で、江戸時代初期の米沢藩士がここで学問を学び、藩校興譲館が開校すると蔵書などが引き継がれています。慶安元年(1648)には2世絶山和尚により「禅林文庫」の鎮守として切戸の文殊(京都府宮津市)の分霊を勧請して文殊堂を創建し、米沢藩が廃藩後に興譲館の構内にあった先聖殿(孔子を祀る聖堂、江戸時代の藩校では朱子学を学問として学ぶ事が多く、その祖となった孔子が祀られる例が多い)が境内に遷されています。敷地広さは4800坪を越えると言われ境内には三代定勝が丸山禅師と共に作庭(京都の天竜寺の庭園を模したと伝えられています。)した庭園があり当時は林泉寺庭園、旧上杉伯爵邸庭園と共に米沢三名園の1つに数えられるほどでした(現在は庭園中央部に道路が開通した為規模が縮小しています)。この庭園は上杉鷹山が明和7年(1770)に家臣120名と共に詩会を開いた場所としても有名で、「鷹山公詩会の庭園」とも呼ばれています。法泉寺は当初、禅林寺と称していましたが元禄3年(1690)に2代藩主上杉定勝の3女亀姫の菩提寺となると法名「法泉院殿浄因永真大姉位」に因み法泉寺と改称しています。上杉家は「忠臣蔵」で有名な吉良上野介とも縁が深く定勝の四女富子(法名:梅嶺院殿清厳栄昌尼大姉位)が奥方となっていて墓碑が法泉寺にあります。又、5代藩主上杉吉憲の正室(法名:祥寿院殿盛嶽貞栄尼公大姉位)の墓碑もあり上杉家の菩提寺の1つとして庇護されていました。宗派:臨済宗。

法泉寺:写真

法泉寺(庭園)
[ 付近地図: 山形県米沢市 ]・[ 米沢市・歴史・観光・見所 ]
法泉寺(庭園) 法泉寺(庭園) 法泉寺(庭園) 法泉寺(庭園)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。