米沢市: 館山寺

  山形県:歴史・観光・見所米沢市:歴史・観光・見所>館山寺

概要・歴史・観光・見所
館山寺(米沢市)概要: 館山寺の創建は天文2年(1533)、新田景綱(奥州藤原氏一族の後裔)が開基となり月窓証印禅師(稲荷山瑞竜院:白鷹町)を召還して開山したのが始まりとされます。寺号は景綱の戒名「館山寺殿虎山威公大居士」に因むもので、新田家の菩提寺として庇護されたと思われます。景綱は当時の舘山城主で、伊達稙宗・晴宗・輝宗の三代に仕え、跡を継いだ新田義綱は天正19年(1591)、伊達政宗の岩出山(宮城県大崎市)移封に随行して当地を離れ、柳沢城(宮城県加美郡加美町)の城主に就任しています(館山城は伊達輝宗の隠居城として築城されたとも、伊達家が居城としていたのは米沢城ではなく館山城だったとも云われています)。館山寺は庇護者を失い衰微し、度重なる自然災害で境内も荒廃しましたが享保6年(1721)篠田甚左衛門が再興し、現在地に境内を移し堂宇を造営しています。

館山寺の本堂に設置されている厨子に安置されている虚空藏菩薩(1寸3分、黄金仏)は館山城に安置されていた秘仏で藤原経衡(藤原清衡の曽孫)が寄進したものとされます。前座仏である虚空藏菩薩(1尺3寸、黄金仏)は伊達政宗(17代伊達家当主)が中国霊山から勧請したもので両尊ともに智能財宝に御利益があると古来より信仰の対象となっています。又、境内には米沢藩の藩医で蘭語の医学書を翻訳して日本初の小児科医学書とした堀内素堂の墓が建立され、本堂には文政年間(1818〜1830年)に香坂松洲が描いた十六羅漢と達磨大師の板画が掲げられています。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来、虚空蔵菩薩。

館山寺:写真

館山寺
[ 付近地図: 山形県米沢市 ]・[ 米沢市・歴史・観光 ]
館山寺 館山寺 館山寺 館山寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。