山形市: 建昌寺

  山形県:歴史・観光・見所山形市:歴史・観光・見所>建昌寺

概要・歴史・観光・見所
建昌寺(山形市)概要: 瑞光山建昌寺の創建は明応3年(1494)、山形城の城主欺波(最上)満氏(最上7代宗家、中野家初代、戒名:国盛寺殿月心峯光大居士)が母親(最上満直の正室、会津領主芦名盛政の娘)の菩提を弔う為、父親である欺波(最上)満直(最上3代宗家、戒名:法祥寺殿念叟親公大居士)の菩提寺である法祥寺の隣に同寺の住職竹用松大和尚を招聘して開山したのが始まりとされます。寺号は母親の戒名「建昌寺殿信宗心公大姉」に因んだもので、以後、最上家縁の寺院として歴代最上家から寺領20石が安堵され江戸時代初期に山形城の拡張の為、法祥寺と共に現在地に移されています。元和8年(1622)、山形藩3代藩主最上義俊は御家騒動により改易になりましたが、その後は幕府から庇護され寺領20石の朱印状を賜っています。山形三十三観音霊場第22番札所。出羽七福神八霊場(慈眼寺(福禄寿):酒田市・松岩寺(布袋尊):庄内町・冷岩寺(大黒天):庄内町・永福寺(吉祥天):鶴岡市・善宝寺(龍王尊):鶴岡市・慈雲院(恵比寿):鶴岡市・如法寺(寿老人):新庄市・祥雲寺(毘沙門天):村山市:建昌寺(弁財天):山形市)の弁財天(音楽・弁才・除災などに御利益)。宗派:曹洞宗。

建昌寺:写真

建昌寺
[ 付近地図: 山形県山形市七日町 ]・[ 山形市・歴史・観光・見所 ]
建昌寺 建昌寺 建昌寺 建昌寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。