鶴岡市: 本明寺

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>本明寺

概要・歴史・観光・見所
本明寺(鶴岡市)概要: 不動山本明寺の創建は文禄元年(1592)、 心月上人によって開かれたのが始まりとされます。戦国時代末期から江戸時代初期の兵火により焼失し荒廃しましたが本明海上人が再興し、庄内藩2代藩主酒井忠当の眼病を治した事で藩から寺領70石が安堵されなど庇護されています。本明海上人は元和9年(1623)、庄内藩士斉藤徳左衛門の次男として生まれ、富樫家(70石取り)の養子になると富樫吉兵衛を名乗りました。寛文元年(1661)、藩主酒井忠当の眼病になった為、病気平癒を祈願する為、湯殿山に赴き注連寺湯殿山神社を訪れ、祈祷と修行を繰りかえし次第に忠当の病も平癒したそうです。しかし、吉兵衛は湯殿山で修行を続け帰還しなかった為、改易となり寛文2年(1662)には注連寺に入り主家し本明海を名乗りました。その後、本明海上人の霊徳が鶴ヶ岡城の城下にも聞こえるようになると、藩主も罪を許し本明海上人の2人の子供達にはそれぞれ70石で藩士帰参が認められ、さらに本明寺を再興すると寺領70石が寄進されています。本明海上人は延宝元年(1673)に1千日の五穀断、それを終えると1千日の十穀断ち、さらに5ヶ月間松の木の薄皮を食し、61歳で天和3年(1683)に本明寺境内で土中入定、遺言により3年3ヵ月後に掘り起こすと即身仏になっていたと伝えられています。境内には本堂の他、即身仏堂、鐘楼、本明海上人入定の遺址、数多くの石碑、石仏などがあり霊地に相応しい雰囲気が漂っています。宗派:真言宗智山派。本尊:湯殿山大日如来。

本明寺:写真

本明寺
[ 付近地図: 山形県鶴岡市東岩本字内野 ]・[ 鶴岡市・歴史・観光・見所 ]
本明寺 本明寺 本明寺 本明寺
本明寺 本明寺 本明寺 本明寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。