鶴岡市: 長福寺

  山形県:歴史・観光・見所鶴岡市・歴史・観光・見所>長福寺

概要・歴史・観光・見所
長福寺(湯田川温泉)概要: 大日山長福寺は山形県鶴岡市湯田川乙に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。長福寺の創建は大同2年(807)、行基菩薩によって開かれたのが始まりとされます。古くから由豆佐売神社(延喜式内社)の別当寺院として寺院が隆盛し往時は7坊を要する大寺院となり慶長17年(1612)には山形城の城主最上義光から寺領152石が安堵され、最上家が改易となり新たに庄内藩(藩庁・鶴ヶ岡城)主となった酒井家からも引き続き寺領が安堵されています。貞享年間(1684〜1687年)に真言宗豊山派に改宗し明治時代初頭に発令された神仏分離令後は由豆佐売神社からは分離しています。

長福寺の寺宝である絹本著色長福寺三千仏は恵心僧都(平安時代の天台宗の高僧)が製作したと伝わるもので縦8尺(2.64m)、横7尺(2.31m)昭和47年(1972)に山形県指定文化財に指定されています。石造金剛界大日如来は鎌倉時代に製作されたもので像高約70cm、総高約1m、当初は大日山に安置されていましたが明治40年(1907)に長福寺に移されました。笠塔婆・卒塔婆は鎌倉時代に製作されたもので阿弥陀如来坐像が刻まれていると推定され当初は大日坂に建立されていましたが現在地に移されています。石造金剛界大日如来、笠塔婆・卒塔婆は昭和42年(1972)に鶴岡市指定有形文化財に指定されています。明治時代に新徴組が湯田川周辺に配された事から境内には新徴組の隊士やその家族の墓碑が建立されています。

庄内三十三観音霊場第26番札所(札所本尊:十一面観世音・御詠歌:わきかへる いでゆにひとを たすくるも みなだいじひの ちかひならずや)。荘内平和観音百八霊場第13番札所(札所本尊:十一面観世音・御詠歌:湯田川や 心も身をも 清かれと そそぎ祈らば 癒さぬはなし)。山号:大日山。宗派:真言宗豊山派。本尊:十一面観世音菩薩。宗派:真言宗豊山派。本尊:十一面観世音菩薩(聖徳太子作)。

長福寺:写真

長福寺
[ 付近地図: 山形県鶴岡市 ]・[ 湯田川温泉 ]
長福寺 長福寺 長福寺 長福寺

湯田川温泉の周辺観光案内

由豆佐売神社
由豆佐売神社
由豆佐売神社
長福寺
長福寺
長福寺
梅林公園
梅林公園
梅林公園
新徴組本部
新徴組本部
新徴組本部



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「山形県の町並みと歴史建築」は「山形県の歴史」、「羽州街道をゆく」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−山形県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。